家で過ごす時間

最近、家で過ごす時間が増えるとともに、
自宅での過ごし方も様変わりしましたね。
デリバリー、ネットスーパー、買い物代行と、一歩も外に出なくても暮らしていける。
便利な時代になりました。

しかし自宅で座っている時間が増えたせいか、肩こり、腰痛、長時間座ったときのお尻の痛み。
なんだか体がだるくて、
寝ても疲れがとれない
体の不調が続いていたり
そんなことはありませんか?

体の疲れや歪み、慢性的な痛みは、
日常生活だけではなく、
スポーツをされる方、
当施設の会員様はゴルフをされる方が多いです。
ゴルフにも影響を及ぼします。
そんな悩みを抱える方へおすすめなのが・・・
しなやかな身体をつくる初動負荷トレーニング」

ゴルファーを悩ませる体の歪みや
腰痛を軽減する
ゴルフにおいてしなやかさや体の軸、
バランスは非常に重要な要素となります。
体の痛みやコリによって
体の動きが制限されたり、
骨格の歪みによって
スイングそのもののバランス全体が
崩れてしまう可能性があります。

しかし、いくら年齢に逆らおうとも
年々蓄積された慢性的な痛みや腰痛、
骨盤のズレ、歪みは体をむしばんでいきます。

特に、シニアゴルファーが抱える健康の悩みとして
体の節々が痛むようになる症状が挙げられます。
これはいわゆるロコモティブ・シンドロームと呼ばれており、
一般的には筋力の低下が原因とされ、
その痛みが原因でゴルフを断念される方も
多くいらっしゃいます。
年を重ねていくことを食い止めることがでませんが、
何気ない日々の生活の中で(ワールドウイングで)
蓄積された体の歪みや痛みを軽減し、
生涯現役で爽快なショットで
ゴルフを楽しむこともできるのです。
1日平均どれくらいの時間、
座っていると思いますか?
平均で16時間も座っているんです!

さらに世界平均で見ると
日本人は最も座っている時間が長い
というデータもあります。
座っている時間が日常生活の大半を占めているからこそ、
座っている時間は身体の構造に強く影響を及ぼします。

そして骨が歪めは骨を包んでいる筋肉も歪みます。
皮膚の下で、「つながっている」全身の筋肉は、
骨が歪むと同時に、筋肉に負担がかかり、いずれ痛みが現れます。
ワールドウイングで「整えましょう!」整体のようなジム!

日々のトレーニングは健康の貯金!」

これからの長いゴルフ人生をサポートするために

※体験予約はこちらから ➔ https://worldwing.resv.jp/reserve/calendar.php?x=1615620938

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP