初動負荷トレーニング®と睡眠

ワールドウィング名古屋東別院 コーチングスタッフの宮原です。
今回は私が最近使ってよかったアプリについてのお話しです!

〇睡眠管理アプリ「Auto Sleep(オートスリープ)」

アプリと言ってもゲームではありません。笑
このアプリはアップルウォッチと連動して起動する「睡眠管理アプリ」です。

急ですが皆さん、「睡眠の質」を気にしたことはあるでしょうか?

〇深い睡眠と浅い睡眠

睡眠には「深さ」が存在します。
要は熟睡出来ているかどうかなのですが、この「深い睡眠」が長いといわゆる「質の良い睡眠」と呼ばれます。
このアプリでは心拍数など様々な条件のもと今回の睡眠は深いか、そうでないかを判別してくれます。

使い始めて2か月弱、深い睡眠に入る為にはある法則があると感じました。

〇カフェインの摂取時間

人間には「カフェイン耐性」というものがあり、ざっくり説明しますと「ある2人が同じ量のカフェインを摂取しても反応が異なる」というカフェインに対する我慢強さみたいなものです。

私はこのカフェイン耐性が非常に弱く、寝る直前にコーヒーを飲んでしまうと寝不足確定なレベルです。(コーヒーは大好きです)
このような事もあり、就寝の5時間くらい前からカフェインを含むものをなるべく摂取しないように心掛けています。

〇寝る前のストレッチ

これが大きいように感じます。
やった時やらない時をあえて作り検証しているのですが、やった時の方が睡眠の評価が高いです。

👆ストレッチとトレーニングをした日の睡眠評価

👆ストレッチもトレーニングもしなかった日の睡眠評価

調べてみると「血液循環を高め、体内温度を高めると深い眠りにつきやすい」とのことでした。

初動負荷トレーニング®を行うと夜によく眠れるという声はかなり多くいただきます。
トレーニングを行い、筋肉を適切に動かすことで血液循環が促進されます。

少しの時間でも継続して行うと効果が出てきます。

継続は力なり💪です!!

  • コメント: 0

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP